土曜日, 6月 24th, 2017
「30代におすすめの医療保険は何だろう?」
このページを見ているあなたは、そう考えているのではないでしょうか?

30代の医療保険選び、難しいですよね。

「将来のライフプランを考えなければならない」
「そして家庭のことも考えなければならない」

重視することが多いからこそ難しいし、医療保険選びは失敗したくないですよね。

そこで、ここでは下記を紹介していきます。

・30代から医療保険に加入することをおすすめする理由
・30代におすすめしたい保険の紹介

紹介する内容を通して、30代におすすめの医療保険を知って頂くことが可能です。

それでは早速みていきましょう。


要確認。30代で医療保険に加入することをおすすめする2つの理由

まず医療保険とは、入院や手術に備える保険です。
よって将来的に年を取って、病気のリスクが高まった時に必要になってくる保険といえます。

「では、逆に病気のリスクが小さい2,30代はそんなに加入する意味がないのでは?」

そうお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、将来のことを考えると今の30代の内に加入をおすすめします。
その理由を下記で説明していきます。


理由①:将来的に保険料が安くなるから

年を重ねると、医療保険の加入の必要性は高まります。

しかし年を重ねてから医療保険に加入した場合、月々の保険料は30代で加入した場合の約3倍にもなる場合があります。

30代で、月々の保険料が上がらない医療保険を選ぶことによって、年を重ねてからの保険料を安くすることが可能です。


理由②:保険に加入しやすいのは30代までだから

年配の方が医療保険に加入するのは、現実問題として大変厳しいです。

医療保険に加入する際には、告知書を記入する必要があります。
告知書で記入する健康面の内容としては下記があります。

■3ヶ月以内の健康状態
■2年以内の健康診断結果
■5年以内の病気、けがの有無

このように、健康状態についての開示が求められます。
開示内容次第で医療保険に加入できるかが決まります。

年を重ねてからですと、病気のリスクが高まります。
医療保険に加入したいと思った時は病にかかっていなくても、過去の結果次第で加入を断られる場合もあります。

よって、病のリスクがまだ小さめの30代のうちに医療保険に加入しておくことがおすすめです。


30代の医療保険の平均加入率と保険料の相場とは?

「30代の人の平均の保険料とか加入率ってどのくらいなのだろう?」

医療保険の加入を考えていらっしゃるあなたには、気になるポイントではないでしょうか?

ここでは30代の加入率と保険料の相場について説明していきます。


加入率は8割にのぼる

ずばり、30代の医療保険加入率は約8割です。

生命保険文化センターが発表した「生活保障に関する調査」によると、30代の医療保険加入者率は男女ともに約8割という結果となっています。

参考:生命保険に加入している人はどれくらい?

表を見て気付くこととして、20代に比べて加入率が約1.3倍となっています。

この理由としては、2点考えられます。

■家庭を持ち始め、保障を考え始めた
⇒男女ともに60~70%は結婚する年代のためです。

■自身の病気のリスクを考え始めた
⇒がんや三大疾患のリスクが高まりはじめる年代のためです。

よって将来やライフスタイルの変化により、医療保険の必要性を感じて加入されたという方が多いのではないでしょうか。

月々の保険料はどのくらいなのか?

医療保険単体の月々の平均保険料というのは、実はあまり明らかにされていません。

しかし、各家庭で月々保険に対してどのくらい支払っているかの平均については知ることができます。

生命保険文化センターによると、医療保険をはじめ、学資保険などの全ての保険商品を含めた月々の保険料の平均は下記のようになっております。

■年収300万円未満:月額平均1.45万円
■年収300~500万円未満:月額平均1.63万円
■年収500~700万円未満:月額平均1.75万円
■年収700~1000万円未満:月額平均2.05万円
■年収1000万円以上:月額平均3.06万円

年収ごとに違いはあるものの、月々の平均払込保険料は月収の約3~6%となっているところが多い傾向にあります。

ちなみにこの年間払込保険料は、生命保険や生協・全労済が対象となっています。

重視したい保障やご自身の状況によって保険料は変わると思いますが、目安として覚えておくことをおすすめします。

なぜなら保険料全体の平均を知ることで、医療保険料の目安をつけることが可能になるからです。

是非、医療保険を検討する時のポイントにしてみて下さい。


女性に適した保険とは?

ここからは具体的に30代におすすめの医療保険を紹介していきます。

30代での医療保険選びが難しいのは、男性よりも女性です。
なぜなら、出産の保障も考えなければならないからです。

可能であれば、女性は出産前に医療保険に加入しておくことをおすすめします。理由として、帝王切開が医療保険の保障対象となるからです。

帝王切開での出産は年々増え続けています。近年の調査では、5人に1人が帝王切開での出産を経験していると言われています。

そのため、出産時の保障を考えつつ医療保険を選ばれることをおすすめします。

また、女性特有の疾患のリスクが高まってくる年代となりますので、その点も加味した保険選びを行いましょう。

独身の方の場合は、女性特有の疾患のリスクを出産より重視して選ばれることをおすすめします。

既婚者の場合

ご結婚されているあなたは、アフラックの「ちゃんと答える医療保険レディースEVER」がおすすめです。

子宮筋腫や乳がんといった、「女性特有の病気」に対して手厚い保障を得ることが可能です。

それらを保障する女性特定疾病の中には、帝王切開や妊娠中毒症などに対する保障も含まれているので、女性に対してこの保険は非常に心強いです。

また特約を付加することで、がん・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾患に対しても手厚い保障をつけることも可能となっております。

リーズナブルかつ、女性の欲しい保障内容を網羅している点でおすすめします。


独身の場合

独身の方の場合はオリックス生命「新キュア・レディ」を選ばれることをおすすめします。

後でご紹介しますが、オリックス生命「新キュア」という商品があります。

保険料に対しての保障が厚い上、専門家からの評判も良いという名実ともに優れた商品です。

この新キュア・レディは、上記の新キュアの女性版です。
新キュアをベースとした医療保険で、女性特有の病気やがんを特に手厚く保障してくれる商品となっています。

シンプルな保障内容となっていて、保険料もリーズナブルでおすすめです。

30代になり、これから医療保険に加入しようと考えている女性は、オリックス生命の新キュア・レディをご検討してみてはいかがでしょうか?

男性に適した保険とは?

女性向けの医療保険を紹介してきました。
ここからは男性向けの医療保険を紹介していきます。

男性も家庭をもつ方が多くなり、考えることが多くなる年代です。
周りの家族のことを考えた保険を選択されることをおすすめします。


既婚者の場合

ご家庭をお持ちの30代のあなたは、オリックス生命の死亡保障付医療保険「リリーフ・ダブル」がおすすめです。

この医療保険は家族に向けた保障が充実しています。
その名の通り、一生涯の死亡保障がついた医療保険となっています。

家族を持つと、万が一亡くなった場合の遺族の生活保障なども考える必要があります。
死亡保障がある医療保険の中で、かなりリーズナブルな保険料となっています。

また、入院・手術保障も同時に得ることができます。

例として、同じオリックス生命の保険と比較してみます。

30歳男性が、終身保険500万円と入院給付金額10,000円の医療保険に加入した場合。(リリーフダブルとほぼ同じ保障内容)

その場合、保険料は合計で7,580円になります。
しかしリリーフ・ダブルの場合は6,142円で加入することが可能です。

保障に対しての保険料がお得なので、家計への負担も少ないです。
既婚男性におすすめできる医療保険です。

独身の場合

独身の方の場合は、オリックス生命の「新キュア」がおすすめです。

新キュアの魅力はなんといってもコストパフォーマンスにあります。
保険料が安い上に、保障も非常に手厚いです。

また、健康保険の対象とならない先進医療に対しての保障も得ることができます。
最大通算2,000万円まで、保障金を受け取ることが可能です。

加えて30代の方ですと、これから初めて医療保険に加入しようと思っている方も多いのではないでしょうか?

初めての医療保険であれば、複雑な保障プランのものよりも、なるべくシンプルで保険料を安く抑えられる保険商品を選ばれることをおすすめします。

その点でも、保障にも優れた新キュアはうってつけです。
自信をもっておすすめします。



今回、おすすめの医療保険商品をいくつか紹介しましたが、もちろん30代に向いている商品はこれだけではありません。

例としてこちらのサイトなどでは 30代で医療保険に加入する際のおすすめ商品をご紹介しておりましたので参考にしてみてはいかがでしょうか?

将来のことも考えると今加入するのがおすすめ

ここまで30代の医療保険の加入をおすすめする理由と、おすすめ保険商品を紹介してきましたがいかがでしたか?

最後にポイントをおさらいしてみましょう。

■保険料や加入のしやすさの点から30代で医療保険に加入するのがおすすめ
■30代の医療保険加入率は約8割
■月々の保険料は月収の3~6%くらいを設定している世帯が多い
■既婚女性におすすめの医療保険はアフラックの「ちゃんと答える医療保険レディースEVER」
■独身女性におすすめの医療保険はオリックス生命の「新キュア・レディ」
■既婚男性におすすめの医療保険はオリックス生命の死亡保障付医療保険「リリーフ・ダブル」
■独身男性におすすめの医療保険はオリックス生命の「新キュア」

ポイントを振り返ると、30代で医療保険に加入することが大切なことと、30代の中でも条件によっておすすめの医療保険が異なることが分かります。

今回おすすめした医療保険はほんの一例です。
1人1人の条件によって、本当に自分に適した医療保険は変わってきます。

とはいっても、医療保険の種類は非常に多く、自分1人で選ぼうとすると膨大な時間がかかります。

WEBサイト上には医療保険を様々な観点から比較したサイトも多数存在します。
まずはそれらのサイトから、おすすめの医療保険を調べてみてはいかがでしょうか?